webマーケティング フリーランス

【webディレクターとは】年収、未経験でもOK?など徹底解説

Shiba
chii_、webディレクターって何?
今日はそんな人(聞いてきたのは犬だけど…)のための記事!
chii_

今回は、webディレクターとはなんぞや?

webディレクターの年収は?仕事内容は?必要なスキルは?

など、webディレクターに関する諸々を解説していきます。

こんな方におすすめの記事

  • webディレクターとは…?と思っている人
  • webディレクターになりたい人
  • webディレクションに携わっている、もしくは携わる予定の人

 

webディレクターとは

webディレクターとはなんぞや?ということですが、

簡単にいうと、

「web制作の責任者・指揮官」

です。

web制作をするとき、

webデザイナー、ライター、カメラマン、時にはSEなど

多くのスタッフがweb制作に携わります。

そうしたスタッフを束ね、指示を出し、進行管理をするのが

webディレクターです。



webディレクターの仕事内容

webディレクターとはなんぞや、が分かったところで、

webディレクターの主な仕事をご紹介します。

webディレクターの主な仕事内容

  • web制作の進行管理
  • web制作に携わるスタッフの指揮・進捗管理
  • 制作物のチェック
  • 制作物の品質管理
  • 予算管理
  • クライアントとの打ち合わせや調整

 

このあたりが、webディレクターの主要な仕事です。

 

Shiba
chii_もwebディレクションの仕事してるよね?こんな感じ?
大まかにはそうだね。だけど、もっと多岐に渡ることも。
chii_

というのが、web制作をしてサヨナラ~

となることの方が少なく、

その後の更新や、web解析なども担当することが多いです。

 

さらに、web制作進行段階で

「デザインが遅れているな」

と言う場合は、ヘルプに入ることもあります。

web制作や運用に関する業務全般に携わることが多いのが

webディレクターです。

 

 

webディレクターに求められるスキル

webディレクターに求められる一番のスキルは、ずばり!

 

Shiba
web知識?
ちっが~~~う!!
chii_

 

たしかに多岐に渡るweb知識は必要です。

さらに、自分も手を動かせる(簡単な作業は手伝える)と

web制作の進行・予算管理も格段にスムーズになります。

 

しかし、webディレクターに一番必要なのは

コミュニケーション能力!!

 

web制作やweb運用において、多くの人と協力する必要があります。

ときには、無理をお願いしたり、費用の交渉をしなければならないことも。

密にコミュニケーションを取りながら、仕事を進めていくことが不可欠となります。

 

webディレクターに求められる主なスキル

  • コミュニケーション能力
  • web制作に関する幅広い知識
  • web運用に関する幅広い知識
  • web制作・運用に関する経験
  • 想像力や共感能力も大事!

 

携わる人達、とりわけ、制作を担うスタッフさん達に

気持ちよく仕事をしていただき、能力を発揮していただくことは

webディレクターの重要な仕事です。

 

そのためには、コミュニケーション能力だけではなく、

web制作や運用における知識と経験もwebディレクターには必要です。

こうした知識と経験の差は、スタッフさんに対する指揮のレベルや

トラブルが起きたときに適切に対応できるか、といったことに関わってきますので

実践をつみながら、身に着けていけるようにしましょう。



webディレクターの年収は?

Shiba
ぶっちゃけ、これが一番知りたい
(笑)
chii_

webディレクターの年収、

もちろん、所属している会社等によっても違いますが

DODAの平均年収ランキングによると、こんな感じだそう。

 

webディレクターの主な仕事内容

  • 全体平均:442万円
  • 20代:365万円
  • 30代:462万円
  • 40代:527万円
  • 50代~:542万円

 

Shiba
平均的っちゃ平均的な年収なんだね。
そうだね~。
chii_

求められるスキルのわりに、少ないのでは?

と、ぶっちゃけ思った人も多いかもしれないですね。

しかし、優秀なwebディレクターの方は

webマーケティングやwebデザイナーとしての知識や経験が豊富なことも多いので、

そちらの分野の仕事でプラスα稼いでいることも。

 

webディレクターとして経験をつんでいくと、

web全般の知識や経験が身に着いてくるので

それを生かして、類似する分野の仕事も受けて収入アップにつなげているパターンが多いですね。

ちなみに、自分もそうです(笑)

 

 

webディレクターになるには

webディレクターになるには、主に3つの方法があります。

  1. web制作会社のwebディレクター職に応募
  2. 広告会社のwebディレクター職に応募
  3. フリーのwebディレクターになる

 

未経験でフリーランスはかなり厳しいと思うので

おすすめしません。

というか、経験者でも、フリーでwebディレクションだけでやっている人は 見たことないかも。

 

未経験者であれば、1か2の方法が一般的です。

そこで経験を積み、人脈を培って、

フリーになったり、転職したりというのが多いですね。

そのままwebディレクションの経験を積んで

webプロデューサーやSE、webデザイナーなど

近しい職業に転身するパターンもあります。



 

 

未経験でもwebディレクターになれる!

webディレクターは、まだまだ人材不足なので

未経験者でも挑戦しやすい職業だと思います。

 

個人的には、webディレクション未経験であっても、

営業職を経験している人は結構有利だと思います。

 

というのが、営業職、とくにweb系や広告系だと

予算管理や進行管理、各スタッフへの仕事依頼など、

webディレクターの仕事と近しいことをしているからです。

 

営業職をやってきた人は、コミュニケーション能力が高いことも多いので、

webディレクション未経験であっても、

営業職での経験が大いに役立つと思います。(自分の経験談)

 

webディレクションの知識を事前に積んでおきたい、という人は

オンラインスクールや、動画で学べるサイトがおすすめ。

webディレクションを学べる主なスクール

 

個人的には、Udemyのような、好きな講座を選んで

低価格で学ぶのがおすすめ。

実践での話を聞いたり、即戦力くらいスキルを磨きたいのであれば

TechAcademy [テックアカデミー]がおすすめです。

 

 

【まとめ】webディレクターとは、キャリアパスが幅広い職

今回は、webディレクターの仕事内容や年収等について

ご紹介しました。

 

webディレクターは、webに関する職や業務に幅広く関わることができるので、

「web関連の仕事をしたいけど、何が向いているのか分からない…。」

という人にもおすすめです。

webに関する各職種の内情を知ることができますし、

webに関する幅広い知識も身に着きます。

 

企業のweb制作や運用に幅広く携わることができる

やりがいのある仕事です。

ぜひ、興味のある人はチャレンジしてみてください!

【webマーケターとwebディレクターの違い】年収、仕事内容等から解説!

続きを見る

webディレクターはなくなる仕事ではない!プロがその理由を徹底解説

続きを見る

-webマーケティング, フリーランス

© 2022 Libyard Blog Powered by AFFINGER5