webマーケティング フリーランス

【webマーケターとwebディレクターの違い】年収、仕事内容等から解説!

webマーケターとwebディレクターの違いって何ですか?

 

web系の職種未経験の方からよくいただくご質問。

TechAcademy [テックアカデミー]でメンターをしていたときも

この質問をいただいたりしました。

というわけで、今回はwebマーケターとwebディレクターの違いを

仕事内容や求められるスキルなどの側面から解説したいと思います。

こんな方におすすめの記事

  • webマーケターとwebディレクターの違いが分からない人
  • webマーケターやwebディレクターになりたい人
  • webに関する仕事について知りたい人

 

webマーケターとwebディレクターの違い概要

早速、webマーケターとwebディレクターの違いをざっくり言うと

webマーケターとwebディレクターの違い

  • webマーケター:web施策を使って商品やサービスを売れるようにする仕事
  • webディレクター:web制作の全体管理をする、指揮官的な仕事

です。

ここから、それぞれの職種について詳しく解説していきます。



webマーケターとは

端的にいうと、webマーケターとは、

webを利用したマーケティングのプロ。

 

webマーケティングを駆使して、

売上アップやキャンペーンの成功、企業認知の拡大など

様々な課題を解決していく職業です。

 

webマーケターの主な業務内容

  • web広告の設計、運用(Google、Yahoo、SNSなど)
  • SEO対策
  • SNSアカウントの運用
  • アクセス解析など

HPやLPの最適化もwebマーケターの仕事ですが、

これは時にwebディレクターの仕事でもあります。

所属する会社によっても異なりますが、

商品やサービスを売ることに比重が置かれているのがwebマーケターです。

 

 

webディレクターとは

一方のwebディレクターは、簡単にいうと、

「web制作の責任者・指揮官」

です。

web制作をするとき、

webデザイナー、ライター、カメラマン、時にはSEなど

多くのスタッフがweb制作に携わります。

そうしたスタッフを束ね、指示を出し、進行管理をするのが

webディレクターです。

 

webディレクターの主な業務内容

  • web制作のスケジュール管理
  • web制作の予算管理、調整
  • 各スタッフ(デザイナー等)への指示、調整
  • 制作物の品質管理など

 

Shiba
web制作を中心とした業務をこなすのがwebディレクターなんだね
そういうこと!
chii_

とはいえ、これも所属する企業によって

業務範囲が異なってきます。

予算の管理や調整は営業の仕事、という企業もあれば

web解析もディレクターが担当する、という企業も。

webマーケターやwebディレクターを目指す場合は、

志望する企業において、各職がどういう業務を担っているのか確認しておきましょう。



 

 

webマーケターとwebディレクター、年収が高いのはどっち?

chii_
えぐい質問だなぁ…(笑)

 

webマーケターとwebディレクター、

年収面ではどうなのか。

まずはwebマーケターの年収例。

 

 

webマーケターの平均年収はおおよそ500万円前後

といわれることが多いようです。

年齢や所属している企業などにもよりますが、

日本人全体の平均年収より少し良い、くらいでしょうか。

 

一方、webディレクターの平均年収例。

webディレクターの平均年収(参考)

    • 全体平均:442万円
    • 20代:365万円
    • 30代:462万円
    • 40代:527万円
    • 50代~:542万円

DODAの平均年収ランキングより引用

 

webディレクターの平均年収例は、

webマーケターと比べるとやや低め。

日本人全体の平均年収程度という印象ですね。

 

しかし、あくまでも参考例。

どの職業にも言えることですが、

実績や所属する企業などによって、年収は大きく変わります。

一つの参考として捉えておきましょう。



webマーケターに求められるスキル

webマーケターとwebディレクターの仕事の違いが

なんとなく理解いただけたところで、

それぞれに求められるスキルをご紹介。

まず、webマーケター。

webマーケターに求められる主なスキル

  • コミュニケーション能力
  • 知的好奇心
  • webマーケティングに関する幅広い知識
  • 推察力や分析力
  • 商品やサービスに対する深い理解

 

商品が売れても売れなくても、

「なぜそうなったのか」

を推察し、分析し、次の施策につなげることがwebマーケターの主な業務。

そのため、分析力や推察力はもちろん、

関係各所に協力をあおげるコミュニケーション能力や

変わりゆくweb技術に興味を持ち続ける高い知的好奇心が必要となります。

 

 

webディレクターに求められるスキル

続いて、webディレクターに求められる主なスキル。

webディレクターに求められる主なスキル

  • コミュニケーション能力
  • web制作に関する幅広い知識
  • web運用に関する幅広い知識
  • web制作・運用に関する経験
  • 想像力や共感能力も大事!

 

webディレクターは、web制作のリーダーであり指揮官。

そのため、各スタッフに適切な指示を出せるコミュニケーション能力や

web制作に関する幅広い知識が必要となります。

 

 

未経験でもなれる?

webマーケターもwebディレクターも

経験があるに越したことはないですが、

未経験者でも十分目指せる職業です。

実際、私もというか、最初はみんな未経験者ですし。

 

Shiba
これがあると有利!という資格とかある?
就職・転職だけならwebに関する資格があれば。実務だと、営業経験があると結構役に立つよ
chii_

 

web解析士やITパスポートなど、

web系の資格はないよりある方が就職や転職に有利ですし、

知識がないよりある方が当然良いです。

ただ、資格を持っていれば、実務において結果を出せるかと言われると

当然、そうではありません。

 

実務を意識するのであれば、営業経験があると意外と役に立ちます(自身の経験談)。

webマーケターもwebディレクターも

コミュニケーション能力や調整能力が求められるので、

どんな業種でも営業の経験があると、焦らず対応できたりします。

 

「そうはいっても、最低限の知識は身に着けておきたい」

という方もいるでしょうし、就職・転職する際に

「未経験でもちゃんと勉強をした」という人の方を採用したいというのが企業の本音でしょう。

そんな方には、

webマーケターやwebディレクターのオンラインスクールや書籍などを

利用して勉強してみることをおすすめします。

いきなりスクールは結構ハードル高い、という人は

Udemyや書籍など、少額で無理のない範囲から学習すると良いと思います。

Udemyとは| セールで90%オフも!使い方徹底解説

続きを見る

独学向け・webマーケティング本おすすめ6選

続きを見る

 

 

(まとめ)webマーケターとwebディレクター、どちらもやりがいある仕事

今回は、webマーケターとwebディレクターに違いを説明しました。

最近は、マーケター兼ディレクターとして活躍する人も増えています。

web制作で終わることが少ないので、webディレクターにもマーケティング知識が求められますし、

webマーケターにもweb制作の知識が求められることが多くなってきています。

 

どちらの職種も需要が高まっており、未経験者でも挑戦しやすいと思うので

興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

【webマーケターとは】未経験でもなる方法、年収、仕事内容などプロが解説

続きを見る

【webディレクターとは】年収、未経験でもOK?など徹底解説

続きを見る

-webマーケティング, フリーランス

© 2022 Libyard Blog Powered by AFFINGER5