フリーランス

【フリーランスの営業】仕事がない!をなくす方法7選

営業したことないけど、どうしたらいいの!?

 

フリーランスになったものの、営業をしたことがなく、

案件をどうやって獲得していけば良いのか、

頭を悩ませる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

Shiba
chii_も営業するの大変じゃないの?
実は営業職への勧誘が絶えないくらい営業は得意(笑)むしろ楽しいよ(ドヤァ
chii_

というわけで、元そこそこできる営業マンだった私が(笑)

今回は、フリーランスの営業について、効果的業方法を教えます。



こんな方におすすめの記事

  • 営業をしたことがないフリーランスの方
  • 案件を獲得したいフリーランスの方

 

いざ営業!の前にしておくべきこと

営業資料(ポートフォリオ)を作っておく

営業をするときは、どんな手法であっても

「自分がどんな仕事ができるのか」

を説明しなければなりません。

自分の仕事や実績が伝わる、営業資料を作っておきましょう。

作り方のコツはこちらを参考にどうぞ▼▼

【フリーランスの営業】仕事につながるポートフォリオの作り方

続きを見る

 

取引先やお客さまに紹介をお願いする

一番確実かつ、ハードルも低い方法です。

 

今一緒に仕事をしている人に

「最近、こんな仕事していて~。そういう人材探してる人がいたら、ぜひ。」

と伝えればOK。簡単!

それに、紹介のお客さまは良いお客さまになってくれる可能性が高いです。

 

紹介の段階で、こちらの力量や費用感などを理解している場合が多く、

紹介してくれるお客さまや取引先と似ているところもあり、

仕事がしやすかったりします。

初心者はまずここからやってみましょう。

 

クラウドソーシングやフリーランス紹介サイトに登録する

これは、フリーランスになったらしときましょう。

 

クラウドワークスやランサーズ、Workshipなどなど。

こうしたサイトには、フリーランス向けの案件がたくさんあります。

そこから自分の得意な案件を見つけて、応募してみましょう。

 

登録はすぐできるので、案件獲得まで時間があまりかからないです。

デメリットは、掲載案件によっては報酬が安すぎたり、

「都内近郊」など場所の制約があったりします。

 

SNSの活用(案件獲得まで時間はかかる)

TwitterやFacebookなど、SNSアカウントを使って仕事を受け付ける方法。

SNSのプロフィールに

「仕事の依頼はDMからどうぞ!」

という感じで記載し、

日々の投稿などで、自分の実績などをPRして案件獲得につなげる方法です。

 

空いている時間に手軽にできるのがメリット。

ただ、アカウント作成~案件獲得まで時間がかかることが多く、

「今すぐに案件獲得したい!」

という場合には、あまり向かなかったりします。

 

HPやブログの活用(案件獲得まで時間はかかる)

SNSと同じく、自分のHPやブログを作って、そこから仕事の依頼を受け付ける方法。

ブログは上手く運用すれば、広告収入などで、それ自体がお金を生み出すツールになります。

ブログやHPの運用は、webマーケティングの勉強にもなるのでおススメです。

 

ただし、こちらもSNSと同じく、結果が出るまで時間がかかります。

「ブログを作ったけど、3~6カ月はアクセスがほぼない」

なんてザラです。

すぐに案件獲得につながりにくいことは、理解しておきましょう。



 

企業に電話をかけて営業(テレアポ)

昔ながらの営業手法です。

インターネットで、めぼしい企業を見つけてリスト化し、

片っ端から電話をかけてアポイントを取る方法。

はっきり言って、労力のわりに、案件獲得は難しいです。

100件かけて5件アポが取れれば良い方じゃないかな。

 

ただ、

アポイントが取れたら、何かしらの案件につながる可能性は高いと思います。

見知らぬフリーランスの話を聞いてみようと思う=その分野で課題を抱えている、人材を探している

という可能性が高いからです。

 

ぶっちゃけ、心が折れる営業手法ですが

これができれば、メンタルは結構強くなり、営業が恐くなくなります(笑)

 

企業の問い合わせフォームやメールアドレスから営業

企業の問い合わせフォームから、営業する方法です。

こんな感じの文面で、企業に営業していきます▼▼

突然のご連絡、失礼致します。

私、フリーランスとして〇〇をしております××と申します。

貴社ホームページを拝見し、〇〇等でお力添えできることがあればと思い、ご連絡いたしました。

【事業内容】
HP制作
企画、現状分析等からご提案します。〇〇や△△といった業種の実績が豊富です。

ウェブライティング
△△等でライティングを行っています。得意分野・実績が豊富な分野は〇〇です。

ウェブ広告運用
GoogleやSNS広告などの提案・運用を行っております。

※詳細な事業内容・実績はこちら▼▼
https://~~~~

もしご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にご連絡いただけますと幸いです。何卒よろしくお願い致します。

 

こんな感じです。

本文にだらだら書いてあっても、

読まないことが多いので(営業を受ける側だった頃の体験談)

本文は簡潔に、詳細は別途見れるようにしておきましょう。

 

これも100件くらい送って、

案件につながるのは2~3件くらいかなと思います。

営業を受ける側とすれば、

対応する時間も取られないですし、

営業する側としては、空いた時間でできるので割とメリットが多い手法です。

電話や対面は苦手という方には特におススメ。

 

企業に飛び込み訪問営業

勇気が一番いる営業手法かも。

近くの企業に営業資料などを持参する方法です。

 

メリットは、

話を聞いてくれた場合、案件獲得までが早い傾向があります。

これは、電話営業の時と同じく、

見知らぬフリーランスの話を聞いてみようと思う=その分野で課題を抱えている、人材を探している

という可能性が高いからです。

 

デメリットは、

断られることの方が多いということと、

1件営業するのに時間がかかること、

担当者が外出中なんてことがあったりも。

担当者が外出中というときは、名刺と営業資料を渡してもらうようお願いしてみましょう。

 

【まとめ】おススメは紹介とフリーランス紹介サイトへの登録

今回は、フリーランスの営業方法について解説しました。

元営業マンとしては、

紹介やフリーランス向け案件サイトの登録をまずやることがおススメ。

すぐに案件につながりやすいのと、費用や時間もかからないからです。

 

また、営業をしたことがないと、

案件獲得できなかったら嫌だな…。

と考えがちですが、

営業は断られるのが当たり前。

既存の取引先がいることが前提です。

 

自分の取引先がころころ発注先を変えられたら困りますよね?

だから、営業は断られることが前提。

話を聞いてくれたらラッキーくらいに思っておけば良いんです。

 

断られても、相手はいちいち断った営業のことを覚えていません。

よほど失礼なことをしなければ大丈夫。

自分に合うやり方で、案件獲得を目指してみてください!

フリーランスが暇なときにやってはいけないこと・やるべきこと徹底解説

続きを見る

-フリーランス

© 2022 Libyard Blog Powered by AFFINGER5